失敗しない!コールセンターバイトの選び方

《コールセンターのアルバイト》面接やテストはどんなことをするの?志望動機まとめてみた

おひや

こるばい」をご覧頂きありがとうございます!

サイト管理人の「おひや」と申します。

関東在住、アラサーの女です。

 

学生時代に某大手化粧品会社のコールセンターでオペレーターのバイトを2年半、

その後、時を経て主婦になってから某大手食品会社のコールセンターでオペレーターのバイトを1年半してました。

このサイトでは、私のコールセンターでのオペレーターバイトで得た知識や経験を存分に紹介しています。

これからコールセンターでオペレーターのバイトをしてみたいと考えている方の参考にして頂けたら嬉しいです。

コールセンターでアルバイトをしてみたい
でもバイトの合格が決まるための面接ってどんなことが聞かれるの?

志望動機って何を答えたら良い?
実技テストってあるの?

など面接について色々気になることがありますよね。

このページではそんな疑問にお答えします。

コールセンターのアルバイトの面接ってどんなことが聞かれる?

私の経験上、コールセンターのアルバイトの面接では主に以下の4点が聞かれることが多かったです。

  • 志望動機
  • 取り扱う商品・情報に興味があるか
  • 研修・シフト・勤務時間に問題がないか
  • どれくらい仕事に入れるか

 

志望動機はこれを答えればOK!

え~志望動機って何を答えたら良いの~?

ってなりません?私はなりました(笑)。

 

おひや

でもこのページにたどり着けたから大丈夫!

一緒に考えよう!

 

まず私が実際にコールセンターで働いてみて良かったなと思った点がこんな感じ。

・傾聴力(これはめちゃめちゃ身に付いた)

▶話を最後までちゃんと聞く

▶相手の気持ちを汲む(どんな気持ちかな?何をしたら満足するかな?)

▶相手に気持ちよく話してもらう為の適切な相槌

▶話を理解しているアピールとして相手の喋った言葉を繰り返す

▶質問に対して正しい答えをお客様に出す

・タイピング(ブラインドタッチ)が引くほど速くなった。

・社会人として丁寧な言葉遣いを学ぶ・身に着けることができた

・コールセンターのバイト経験後、新卒社会人となった時に当たり前に電話対応ができて驚かれた

▶なんなら同期の中で実力が頭1つ抜きんでた感覚さえあった

めちゃめちゃいろんなスキル身についてません??

学生さんにとってはコールセンターって社会人の入り口としてのスキルがバンバン身に付くんですよ。

だから、志望動機を作るなら上に挙げた中で好きなのをいくつか選んじゃいなYO!

そしてそんなスキルを身に着けたいと思ったからって言ってみちゃいなYO!

絶っっ対ね?面接官の方ね?「うん、うん!そうなのよ~~!」って感じで首を縦に振りまくって共感してくれると思うから。安心して?

 

取り扱う商品・情報に興味があるか

コールセンターでオペレーターとして仕事をするにあたり、仕事内容への興味や関心があるかを聞かれることが良くあります。

仕事内容への興味や関心って結構大事だと私は思っています。

好きだなと思える仕事内容だと、自分の仕事への意欲が上がるし、楽しいと思えるし、実際にお客様へ商品を提案する時の熱量も変わってきます。

なのでコールセンターのオペレーターとしてバイトの応募をする時は、

あ、この職種なら興味もてそうだな
と思えるものを選んだ方が良いと思います。

]実際に私は学生の時大好きなお化粧品に関する会社のコールセンターをしていました。

おひや

ただ、初めからその仕事内容について詳しく知っている必要はないんです。

コールセンターではお仕事を始める前に研修がしっかりあるものがほとんどなので、お仕事を通じて関心を高めていけばOKです。

 

 

研修・シフト・勤務時間に問題がないか

実際にコールセンターでアルバイトを始めるにあたって

  • 最初の研修の日程に問題なく参加できるか
  • 既定のシフト・時間に入れるか

という点を聞かれることが多くあります。

応募する際、募集事項にも既定の勤務時間がかかれているとおもうので、ちゃんと確認してから面接に臨みましょう。

 

どれくらい仕事に入れるか

実際にコールセンターでのアルバイトを始めるにあたり

  • 週に何回入れるか
  • 1回の仕事で何時間働けるか

ということの確認があります。

あなたが実際に勤務した時に「週●回、●時~●時までバイトに入れる」というのを具体的に確認してから面接に臨みましょう。

 

もちろん沢山シフトに入れる分には問題ないかもしれませんが、実際に重宝されるオペレーターさんって勤務時間やシフトの日数だけじゃないんです。

短い時間の勤務でも、人数の少ない時間帯にシフトが入れる人は貴重な訳で。

その外にも

  • 長く続けてくれること
  • 電話先のお客様を大切にし、丁寧に接してくれること
  • 勤務姿勢が良く職場で円滑に過ごしてくれること

ここらへんが実際のところすごく大事だったりするんです。

だから面接で「どのくらい仕事に入れるか」聞かれた際には、勤務時間が長くなくても、最低の日数しかシフトに入れなくても、正直に答えてほしいなと思います。

面接での印象を良くしようとして

沢山シフト入れまーす
みたいな感じで盛っちゃうと、後で自分が大変になっちゃいますからね。

あ、実際モリモリ仕事したい方はぜひそこアピールしてくださいね!

 

面接でこちらから確認しておきたいこと

面接の最後には、面接官から

何か質問したいことはありますか?
と聞かれると思います。

そんな時はこんなことを聞いておくといいかもしれません。

  • 研修の日程
  • 元々入れていたシフトをお休みしたい時の対応方法
  • 時給UPのタイミング
  • 有給はあるのか

そのほかにもあなたが気になったことがあったら遠慮せずにちゃんと確認しておきましょう。

 

コールセンターのアルバイトの面接で実技テストってあるの?

私は今まで大手コールセンター2社のアルバイト面接を受けましたが、そのうちの1社は実技試験がありました。

といっても電話に出る対応とかの試験ではありません。

実技試験の内容はタイピングでした。

難易度としてはそこまで高くはないかなというと感じ。

PCのキーボードの文字列の配置が理解できているか、文字が普通に打てるのか程度の確認テストだったと思います。

なのでタイピングの速度はそこまで気にしなくても良いかな、という印象。

 

前にも記述しましたが、ブラインドタッチはオペレーターの経験とともに引くほど速くなります(笑)。

最初から早くなくても大丈夫です。

ただ、遅くてもキーボードを見ながらでもローマ字で文字が打てるようにはしておいた方が良いと思います。

 

 

コールセンターのアルバイトでの面接内容や試験内容については以上です。

《面接で聞かれる内容について》

  • 志望動機
  • 取り扱う商品・情報に興味があるか
  • 研修・シフト・勤務時間に問題がないか
  • どれくらい仕事に入れるか

《実技試験について》

面接時、タイピング試験のあるコールセンターもある

というまとめをもってこのページは以上です。

万端に準備してあなたのコールセンターでのバイト面接がうまくいくことを祈っています!ファイト!!