失敗しない!コールセンターバイトの選び方

《経験者は語る》コールセンターのバイトを始める前に感じる不安を挙げてみた

おひや

こるばい」をご覧頂きありがとうございます!

サイト管理人の「おひや」と申します。

関東在住、アラサーの女です。

 

学生時代に某大手化粧品会社のコールセンターでオペレーターのバイトを2年半、

その後、時を経て主婦になってから某大手食品会社のコールセンターでオペレーターのバイトを1年半してました。

このサイトでは、私のコールセンターでのオペレーターバイトで得た知識や経験を存分に紹介しています。

これからコールセンターでオペレーターのバイトをしてみたいと考えている方の参考にして頂けたら嬉しいです。

コールセンターでバイトをしてみたいけど、不安な点もあるから応募に踏み出せない。

コールセンターのバイトに興味はあるけど、実際に働いてみないと分からないような不安ってありますよね。

このページでは、コールセンターのバイトを始める前に感じる不安点について、オペレーター経験のある私が答えていきます!

コールセンターのバイトを始める前に感じる不安①本当に未経験で大丈夫?

コールセンターのオペレーター経験がないけど、本当にちゃんとできるのかな
と初めてオペレーターの仕事に挑戦する時は少なからず不安になりますよね。

結論から言います。

未経験で全然大丈夫です。

なんなら若者は絶対1度はやっとけ。

とさえ思います。

 

なぜならコールセンターでもオペレーターさんは最初にみっちり研修があるからです。

この研修では、オペレーターデビュー前に電話対応の練習をする機会もしっかり設けられています。

また電話でお客様に話す内容は、基本的にコールセンター側で用意されたスクリプト通りに読むだけだったします。

沢山練習して、ちゃんと電話に出る準備ができてからオペレーターデビューとなるので、心配しないでくださいね。

 

そして「若者は1度はやっとけ」と言った理由は、学生さんやこれから正社員として就職する予定のある方は、電話対応が身についているとそれだけで得することが多いからです。

おひや

私が実際そうだったので、経験談をお話します

まず、入社直後から電話対応が上手にできると上司に一目置いてもらえました。

なんなら「仕事ができるやつ認定」されてたと思います。

そのくらい、電話対応の丁寧さってどの企業からしても大事な部分なんですよね。

 

電話対応のスキルって意外に難しくてですね。

でもオペレーターをやってると自然に経験値が上がって気づいたら通話スキルも上がってるんです。

これを実感するのは新卒である企業へ正社員になった時。

電話対応経験のない同期はみ~んな、まず電話対応でつまづいたわけです。

そんな同期が多い中、当たり前に電話対応ができたので、その間に他の仕事を覚えられたんですよね。

そしたら同期より仕事を覚えたりこなすのも早くできると。

学生で、電話対応の勉強(就職準備)ができて、なおかつお金まで貰えちゃうって、得だな~~と思いました。

 

だからこれから就職予定のある若者諸君にはコールセンターでぜひバイトしてほしい。君の財産になるよ!

 

コールセンターのバイトを始める前に感じる不安②クレームの対応がこわい

コールセンターでのアルバイトを始めるにあたって、まず最初に不安に感じるのが「クレーム対応」だと思います。

電話先でお客様がめちゃめちゃ怒鳴ってきたらどうしよう
ヒステリックに叫び散らかされたらどうしよう

とか考えちゃったらまぁ、、、こわいよね(笑)。

 

実際にコールセンターでそれなりに長く働いてきた私だから言えるのはまず1つ。

おひや

戦うのはあなたはひとりじゃないよ!

ということ。

もしクレームの電話が入ったら、そしてそれにビビってしまったら、電話中真っ先に手を挙げて?

すぐにリーダーや社員のSV(スーパーバイザー)さんが駆けつけてくれるから。

一緒に通話も聞いてくれるし、適切な返しの言葉をその場であなたに誘導してくれるわ。

それでもお客様が納得できなくて

もっと上の奴を出せぇ~~!!
ってなったらSVさんに交代よ!

あなたは晴れてお役御免よ~~!

終わった後はきっとなんとなく殺気立った気配を感じていた隣席のオペレーターさんがあなたをねぎらってくれるわ。

あなたは一人じゃないから、大丈夫よ!!

 

あとは仕事を始めるときに対話スクリプトっていうお話するマニュアルが配られると思うんだけど、そこにも一通りのクレーム対策スクリプトが載ってるはず。

とりあえずそのスクリプト通りに読んで伝えれば、いつの間にか解決してることもあるかな。

 

そしてもうひとつ言えることなんだけど、

おひや

クレーム対応は結構楽しい。

これに尽きる。

あれ、あんたサイコ?

って思ったでしょ。違うの(笑)。

クレーム対応って非常にやりがいのある仕事なんですよ。

実際に電話口でめちゃめちゃ怒ってたお客様の困りごとが解決して、最後に

電話して良かった~
対応してくれたのがあなたで良かった~

最初怒っちゃって、ごめんね~~
とか言って満足されることがあるんですよ。

そういう時、

おひや

あぁ、対応できてよかった~~
っていう達成感にこちらも満たされるんです。

用意されたスクリプト通りに話をすすめただけなのに、

おひや

あれ、ワタシいま怒りの狂人を沈めた??ワタシってコミュニケーション能力抜群すぎない??
くらいの錯覚が起きるわけです。

これがね、まぁ気持ちいい訳です。

だからもしクレームがきたら、

よし、私の力の見せどころ!話トコトン聞いたるでえ~~
くらいの気持ちで臨んでみてほしいな。

 

ま、普通の優良企業のコールセンターならそこまでの激しいクレームってごくごく稀にしかこないんけどね。(これが一番言いたいことかもしれないw)

 

 

コールセンターのバイトを始める前に感じる不安③英語で対応しないといけない?

コールセンターのオペレーターをしていると、たまーに英語しか話せないっていうお客様からの電話が入ることがあるかもしれません。

英語で電話が掛かってきたら英語で対応しないといけないの?
とちょっと不安になりますよね。

これはコールセンターによって対応が違うんですが、基本民間企業のコールセンターでオペレーターが英語で勝手に対応することはないかな、と思います。

私が経験した中では

「日本語でのご対応のみ対応しております」とハッキリ言ってくださいと指示されるコールセンターもあったし、英語でWEBからの問い合わせをお願いするようなスクリプトを用意しているコールセンターもありました。

 

なので英語が話せないからと言って、英語での問い合わせがあっても過度に心配する必要はありません。

 

 

コールセンターのバイトを始める前に感じる不安④正社員への道になれる?

民間企業の大手コールセンターを2社アルバイトとして経験した私が言います。

コールセンターのバイトから正社員への道はガッツリあると思います。

私が経験した大手コールセンター2社で私は実際にコールセンターで同じオペレーターとして働いていた方が準社員や正社員になった姿も見てきました。

おひや

私が学生時代に某化粧品会社のコールセンターで一緒にバイトしていた同じく学生2人も、卒業後その化粧品会社に正社員として就職しましたよ!

今まで経験してきた中で、コールセンターのオペレーターとして実力がある方は社員の目にとまりやすいです。

オペレーター本人にやる気があれば、まずは準社員や契約社員としてリーダーに昇格することも十分に可能な環境です。

 

コールセンターの正社員の方はなにかとクレーム対応時に

怒れるお客様

上の者を出せぇえぇ~~!
って言われた時に対応することがあるのでオペレーターとしてのスキルは十分にあることが1つの大きな条件となるんですよね。

だからそうした意味ではバイトのオペレーター上がりの社員さんっていうのはオペレーターの気持ちやしんどさも経験しているので、安定感が違います。

 

コールセンターのバイトを始める前に感じる不安⑤在宅でもコールセンターのバイトはできる?

新型コロナウイルスの影響で在宅ワークという仕事方法がより地盤をかためるような時代になりました。

コールセンターのアルバイトを在宅でできないかな
と考える人もいると思います。

そうした方に在宅のコールセンターのアルバイトも実は沢山あるんです。

 

「コールシェア」という企業では在宅でコールセンターのお仕事ができます。

HPに記載されてる、仕事をはじめた方々の実績がうらやましかったので少し紹介します。

《主婦N.Eさん(コールシェア歴2カ月)》
1日3時間、月12日の在宅ワークで43,200円獲得(時給1,200円)

《大学生T.Aさん(コールシェア歴3カ月)》
1日4時間、月14日の在宅ワークで84,000円獲得(時給1,500円)

《主婦S.Eさん(コールシェア歴4カ月)》
1日5時間、月14日の在宅ワークで151,200円獲得(時給2,160円)

おひや

ほんまかいな!?
と思ったのが正直なところ。

通勤の手間や時間から解放されて、自宅で働けるのは効率的だし、この時給は正直うらやましい。

そして実際に「コールシェア」を利用された方の満足されている声を聞いちゃうと、やっぱりうらやましいな、と。(「うらやましい」しか言葉が出てこないの笑)

あとは、私も登録している「ママワークス」でも在宅の電話オペレーターのバイトが沢山あります。

ママワークスは何といっても求人数が多い!

そしてマイページのプロフィールを充実させると、企業側からスカウトメールも来るので、お仕事を選び放題なのが個人的にはお気に入りです。



主婦のための求人応援サイト
「ママワークス」mamaworks.jp

よかったらこうしたバイト情報もチェックしてみてださいね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。